INFORMATIONご案内

トップページ > 合格実績/合格の声 > 帰国生合格体験記 > 上智大学

帰国生合格体験記上智大学

滞在国での準備が合格の鍵

  • [氏名] 泰間 一輝
  • [滞在国(年数)] ドイツ(3年)
  • [学部] 理工学部 機能創造理工学科
  • [他合格学校] 岡山大学(工-機械システム系学科)、大阪府立大学(工学域-機械系学類)

私はインターナショナルスクールに通い、国際バカロレア(IB)を取得しました。そこで私が感じた、滞在国で何をどう準備すべきかについてお話ししたいと思います。

一つ目は何と言ってもIBやTOEFL®などの統一試験のスコアです。特に理系の場合、自分が志望する学部学科に関係があるような教科のスコアは出来るだけ高い方が有利です。もし、不十分な成績で帰国した場合、代ゼミに来て勉強に励んだとしても大学によっては書類選考で不合格になってしまう可能性があります。そうなっては、自分の実力を発揮できず悔しい思いをします。また、理系の方は余裕があれば日本の数学、物理、化学を教科書などであらかじめ勉強しておくとよいと思います。日本の勉強をしておけば、言語は違いますが滞在国の勉強にも活かせますし、帰国後も楽になります。

二つ目は海外ならではの活動や経験をしておくことです。ボランティア活動やサマースクールなどの経験は面接での話のネタにもなりますし、他の受験生と異なる点をアピールする良い機会にもなります。私はロボットに興味があったので、夏休みを利用してケンブリッジ大学で開催されたサマースクールに参加し、ロボティクスを学びました。この経験については面接官も興味を持ったのか、多くの質問をされました。可能であれば、自分の興味ある分野に対して何らかの活動をしておくとより良いと思います。

上記の2点は志望校合格への鍵になりますが、その他に帰国後の努力も非常に重要です。代ゼミには遅くまで利用できる自習室や各科目の質問ができる環境が整っています。また、優秀で面白い先生がいますし、モチベーションが上がらない時はチューターさんに大学の話を聞くこともできます。これらのサポートを活用し、諦めずに勉強に励んでください。

帰国生受験をする皆さんへ

  • [氏名] 藤﨑 由衣
  • [滞在国(年数)] イギリス(4年)
  • [学部] 外国語学部 イスパニア語学科
  • [他合格学校] 国際基督教大学(教養) 学習院大学(経済-経営) 法政大学(経営-市場経営)

受験生の皆さんが後悔することのないよう、私の経験を踏まえていくつか帰国生受験のアドバイスをお伝えしたいと思います。

まず滞在国での過ごし方についてです。TOEFL®などの統一試験に取り組むことは重要ですが、その他に滞在国で自分が経験してきたこと(何が大変だったか、どう乗り越えたかなど)を振り返りまとめておくことも必要です!これは面接対策にもなり、志望理由書を書くときに必要な自己分析にもなります。加えて、滞在国と日本を比較しておくこともオススメします。現地にいるからこそ気づける違いは面接で使える話のネタにもなるので、見つけられるだけ見つけてきてください!

次に入試対策についてです。もちろん授業には必ず出席していましたが、授業で学んだことをどのように自分の力にするかも重要です。そのためには代ゼミにある過去問を利用しましょう!小論文を書いて提出すると添削してくれます。改善点を理解するためにも、添削をもとに書き直しをすると力になりますよ!また、自分が目標とする大学よりも上のレベルの大学の過去問にも取り組むべきです。受ける大学の過去問を解くことも良いのですが、さらに上のレベルの問題にも挑戦することでより幅広く知識を得ることができ、その知識が本番の試験で役に立つこともあるからです。

最後に、大学受験は一大イベントです。どうしても不安になったり、時にはやっぱり無理かもしれないと諦めそうになることもあるかもしれません。でも代ゼミなら大丈夫です!代ゼミには親身になって相談に乗ってくれる先生やチューターさん、そして支えてくれる仲間がたくさんいます!分からないことがあっても、すぐに相談できるアットホームな雰囲気である代ゼミだからこそ安心して受験に臨むことができると思います。皆さんの成功をお祈りしています!

練習あるのみ

  • [氏名] 川口 真奈
  • [滞在国(年数)] オランダ(4年)
  • [学部] 文学部 ドイツ文学科

あっという間の4ヶ月間でしたが、代ゼミで生活する中で沢山のことを学びました。勉強や受験への姿勢だけではなく、受験を共にする仲間の大切さ、私たち受験生を支えてくださる先生方、チューターさんの有難さを学びました。

まず、私が感じた代ゼミの良いところは、面接練習の環境が整っているところや、出願時の書類チェック、志望理由書のチェックを念入りにしてもらえるところです。自分では気付けない小さなミスでも気付いていただき、直してもらえます。上智大学を受ける際、志望理由書を最後まで丁寧に添削してもらったことで合格できました。

私は高校での成績もTOEFL®の点数も優秀なものではなかったため、不安で一杯でした。小論文もはじめのうちは上手く書くことが出来ず、良い評価がなかなかもらえず不安がさらに募りました。授業で小論文の解説などを受けるうちに段々と書き方を覚え、徐々に良い評価を得ることができるようになっていきました。代ゼミの小論文添削の評価は、とても分かりやすく、自分がどれくらい成長しているかを測ることができてとても良かったです。

先生方は一人ひとりの生徒に目を向け、熱心に教えてくれました。チューターさんは、毎日面接の練習に付き合ってくれました。私が代ゼミ生活の中で最も大切だと感じたことは、上記の小論文の勉強に加え、面接の練習です。本番の面接では思った以上に厳しく質問されましたが、色々なチューターさんが対策してくださったおかげで、なんとか耐えることができました。諦めずに最後まで頑張って戦い抜くことが大切だと思います。受験は一人じゃないです、頑張ってください!

理系の充実したサポート体制!

  • [氏名] 矢野 由磨
  • [滞在国(年数)] チリ(2年)
  • [学部] 理工学部 物質生命理工学科

帰国生入試に臨むにあたって大切なのは、ただひたすらに学力を向上させることだけではありません。帰国生として大学が求める人材を追究し、そこに近づく努力が必要不可欠です。

まず、帰国前は自分の志望校について調べ上げることが重要です。志望校が求める統一試験の成績や入試科目を知ることで、今の自分に足りないものを明確にすることが出来るからです。また、理系志望の場合は、余裕があれば日本の理系科目の勉強を現地の勉強と並行して行うことをお勧めします。私の場合、海外滞在中は現地の授業についていくのに精一杯だったために、帰国後、日本の大学受験向けの数学と理科のキャッチアップに苦労しました。

そして、帰国後は代ゼミの充実したサポート体制をフル活用しましょう。特に理系は一般生と同じレベルの高い授業や、フレックスサテラインという映像授業を受講することができます。勉強で分からないことがあれば教材研究センターですぐに質問ができ、これは個人的にとても重宝しました。また、それだけではありません。代ゼミでは、他の帰国生の仲間と切磋琢磨しあうことができます。同じような境遇と多種多様な個性を持ち合わせた仲間たちと交流することは、精神的な支えになったり、自分の価値観に良い影響を与えたりしてくれるでしょう。

最後に、代ゼミには上記の他にも面接練習や出願をサポートしてくれる担任の先生とチューターさん、大学受験に関する膨大な資料など、皆さんの受験生活を支える環境が充分すぎるぐらいに整っています。この恵まれた環境を活かすも殺すも自分次第です。良い受験結果を勝ち取るために、悔いのない受験生活を送ってください。

やるべきことを一つずつ

  • [氏名] 米村 亮太
  • [滞在国(年数)] ニュージーランド(4年)
  • [学部] 理工学部 機能創造理工学科
  • [他合格学校] 群馬大学(理工-機械知能システム理工)、法政大学(理工-創成科学)

私はニュージーランドに単身留学で4年間滞在していました。帰国したときは、帰国受験について無知の状態でした。目標がはっきりしない中で代ゼミのコースに参加した当初は、不安の気持ちがとても大きかったです。しかし、担任の先生を始めとし、各教科の講師の方々、帰国受験を経験されたチューターの皆さんの全面的なサポートにより自分の目標はすぐに明確なものになりました。

理系は特に習得しなければならない量がとても多く、モチベーションを常に高く保つのは大変です。しかしフレックスサテラインという映像授業を活用することで、自分にあったレベルで、自分のペースで勉強を進めることが出来ます。優先順位を決め、自分の苦手な範囲を繰り返し見直すことで、計画的に勉強を進めることが出来ました。チューターさんとの面接練習は本番さながらの緊張感を持って行うことができ、とても有意義な準備になります。経験をもとにした適切なアドバイスも本番でとても役に立つものでした。

滞在国の高校では積極的にボランティア活動に参加したり、生徒会に入って様々な学校行事を行ったりしていました。その結果、受験での面接ではそうした活動を自分のアピールポイントに出来ました。ちょっとしたことでも自分なりの価値観を見出し、海外での経験は自分にどう影響したか、ということをぼんやりと考えておくことも大切だと思います。

周りの生徒が次々と合格し、焦る気持ちが生まれるときもあると思います。そういったときにこそ自分を見失わず、「人は人。自分は自分。」と思って自分がやるべきことを一つずつこなしていってください。そうすれば必ず合格は近づいてきます。

代ゼミの雰囲気はとても温かいです。私にとって代ゼミでのクラスメイトはライバルではなく、一緒に受験を戦う「仲間」といった言葉が最適かも知れません。

積極的に

  • [氏名] 道原 日菜子
  • [滞在国(年数)] アメリカ(4年)
  • [学部] 外国語学部 英語学科
  • [他合格学校] 関西学院大学(国際、文-文学言語-英米文学英語)

私は、以前は帰国生入試では英語力が全てだと思っていました。TOFEL®などの統一試験でなかなか良いスコアが取れず、受験が不安でした。しかし、帰国生入試では英語の得意不得意だけではなく、面接で志望理由や自分の強みをアピールすることも重要だと思います。

滞在国では、TOFEL®などの統一試験の勉強、書類や推薦状などの収集ももちろん重要ですが、それと同じくらい現地の人たちとの交流が大切だと思います。大学側は日本とは違う環境で学んだ私たちの個性に注目しています。そこで何か一つでも、人とは違う経験や視点を持っていると有利です。滞在国にいる間は、課外活動やボランティアに積極的に参加し、様々な経験を積むことをお勧めします。

一方の学科試験では、統一試験とは違って英語と日本語を結びつけることを多く求められます。統一試験は苦手だった私でも、帰国後の代ゼミでの和訳や英訳の授業を通してコツをつかんでいくことで、英語の試験でも点数を取れるようになりました。また、小論文は基礎から丁寧に教えてもらえる授業で、安心してついていくことが出来ました。英語も小論文もきちんと授業の復習を行い、早い段階から志望校の過去問を確認して解いてみては添削をお願いすることを繰り返すのが、力をつけるために一番の方法です。

代ゼミで、受験生活を共に乗り越えることが出来る最高な仲間に出会えました。先生や担任、チューターの方々は志望理由から出願、面接練習まで、的確なサポートをしてくださるので、万全の体制で入試に臨むことが出来ました。たった数か月しかない受験生活です。代ゼミの充実した環境を積極的に活用して、後悔のない受験生活を送ってください。

もっと上を目指していい!

  • [氏名] 安本 瑞季
  • [滞在国(年数)] アメリカ(6年)
  • [学部] 総合グローバル学部
  • [他合格学校] 国際基督教大学(教養)

私はアメリカの高校卒業後、帰国してすぐ代ゼミに入りました。最初は周りの代ゼミ生が志望する大学のレベルの高さに衝撃を受け、「私はそんなところ入れっこない」という気持ちで勉強していました。しかし、この環境で勉強をしているうちに「私は1つ上のレベルの大学を狙っても入れるのかもしれない」と感じ、そこから志望校などを変更して出願を始めました。帰国受験は一般受験とは異なった特殊なものです。ですから、自分のレベルではこんな大学入れないと感じていても、行きたいと思ったらとにかく出願してみることをお勧めします。

志望校がある程度定まったら、大学についてのリサーチと自分の志望動機を深く掘り下げていくことが重要だと思います。帰国生入試には、「何点取れば受かる」というような基準がなく、何がどれだけできれば合格するかが見えづらいという性質があります。「自分が大学側だったら、どのような学生に入学して欲しいか」を極力、客観的に考える必要があると思います。最初のうちは気になっている大学のパンフレットやウェブサイトに書いてあることを読み込み、大学側が欲している人材についてある程度理解しておくことをお勧めします。そしてそれを理解した上で、自分がなぜその大学、学部に行きたいのかを整理して頭にしっかりとインプットすることが重要です。志望校についての知識と志望動機がしっかり固まっていれば、受験科目である小論文と面接は攻略しやすくなると思います。

受験というものは結果だけでなく、必死に努力したり、落ち込んだり、嬉しがったり、その過程も含めて本当に良い経験になると思います。このような経験は人生の中でもそう何度もないので、みなさんも自分で納得できるように頑張ってみてください!

資料請求・お問い合わせ

代々木ゼミナール国際教育センター
【東京本部校】
〒151-8559 東京都渋谷区代々木1-29-1
TEL:03-3379-5221(代表) 03-3379-6701(直通) /
FAX:03-3379-5773
E-mail:kikoku@yozemi.ac.jp

【大阪南校】
〒556-0016 大阪府大阪市浪速区元町1-2-3
TEL:06-6634-7111(代表) /
FAX:06-6634-5102