INFORMATIONご案内

トップページ > 合格実績/合格の声 > 帰国生合格体験記 > 慶應義塾大学

帰国生合格体験記慶應義塾大学

自分の強みをつくる!

  • [氏名] 飯尾 真唯
  • [滞在国(年数)] アメリカ(4年)
  • [学部] 法学部 政治学科

帰国生入試は、滞在先での活動が合否に大きく関係してきます。部活やボランティアなどに積極的に参加し、日本との相違を肌で実感することが面接や小論文を書く際に役立ちます。私は高校の4年間、陸上の練習に励んでいたため、そこでの成績や異文化理解にまつわるエピソードを受験時にアピールしました。帰国生入試は、滞在国でどのように過ごし何を吸収したかを問うことがあるので、課外活動を通して様々な経験をしておくことは他の受験生との差別化を図る大きな材料であり、強みになります。また、私は部活に入ることで様々な人と交流でき、英語力が磨かれて統一試験の点数の向上にも繋がったため、課外活動への積極的な参加をお勧めします。さらに一部の大学ではTOEFL®やSAT®に加え、SAT® Subject Tests のスコアも必要なので、滞在中に大学の募集要項にしっかり目を通し、計画的に統一試験を受けましょう。出願できる大学の幅が広がります。

私は滞在中、日本語にほとんど触れていなかったため、文章力が格段に落ちていました。そんな自分に焦りを感じ、帰国後は毎日必ず新聞の社説を要約し、小論文は合計で60枚ほど書きました。そういった努力や代ゼミの先生方の丁寧なご指導のおかげで第一志望校の合格を掴みとれたと思っています。代ゼミのカリキュラムには無駄がなく、確実に合格へ導いてくれます。また、生徒たちは皆ライバルというよりも仲間意識を強く持っており、お互いの志望理由書の作成を手伝ったり、面接のアドバイスをし合ったりしていました。そういった居心地の良い雰囲気が励みにもなり、心強く入試に臨めたと思っています。

私は滞在先での生活をギリギリまで満喫し、帰国後に集中して勉強に力を注ぎました。滞在先での時間は貴重なので最後まで楽しんで過ごしてください。応援しています!

「備えあれば憂いなし」

  • [氏名] 磯田 奈那
  • [滞在国(年数)] アメリカ・カンボジア(9年)
  • [学部] 経済学部
  • [他合格学校] 早稲田大学(国際教養) 上智大学(経済-経済)

帰国生入試で大切なことは、準備しておくことだと思います。「備えあれば憂いなし」と言う通り、受験も入念に用意しておけば、何が起きても対処しやすくなります。

私がアドバイスすることは三つあります。

一つ目は、滞在国でできる限りSAT®やIBなどの統一試験、TOEFL®のスコアや学校の成績を上げることです。日本に帰ってきてから上げようと思ってもなかなか出来ません。滞在中にスコアを上げる努力をしましょう!

二つ目は、滞在国の特徴やエピソードをメモしておくことです。これらは小論文や面接で大切な材料になります。なぜなら、大学はあなたがどんな経験をしてきたのか、それをどのように大学で活かしたいのか知りたいからです。きっとあなたのアピールポイントになるはずです。

三つ目は、どの大学を受けるか、ある程度絞っておくことです。「日本に帰ってから考えよう」と思っている方、出願期間はあっという間にやってきます。私の場合、大学で何を学びたいか海外滞在中に決め、大学や学部を調べました。募集要項を見て、推薦状や所定の書類があることに気づき、学校にお願いしておくことができました。帰国後だと現地の学校も夏休みで連絡がつかない場合があります。事前に用意しておくと、出願をスムーズに済ませることができます。また、大学へSAT®やTOEFL®のスコアを直送することも忘れないように!もし最終的にその大学を受験しなくても、先に用意しておくことにより、あとから慌てて書類を集めようとするよりも心の余裕ができます。

もし帰国前に完璧に準備できていなくても、代ゼミの担任の先生やチューターさんの素晴らしいサポートがあります。でも少しでも余裕を持っている方が良いですよね?しっかり滞在中にも着々と大学受験に向けて準備を始めましょう!頑張ってください!

平常心が大事

  • [氏名] 上原 尚一郎
  • [滞在国(年数)] ドイツ(3年)
  • [学部] 経済学部
  • [他合格学校] 上智大学(経済-経済)

帰国生入試で合格にものをいうのは何か。それはずばり、試験当日の心持ちであると私は考えます。なぜなら、小論文や面接による試験が基本となる帰国生入試では、文章力や知識量に加え、それらに裏打ちされた柔軟な発想や対応力も必要となるからです。安定した精神状態で受験に臨み、教授に自分の考えを最大限表現できるよう努めることが、合格への鍵であると私は振り返ります。

心に余裕を持って試験に臨むためには、第一に、統一試験で良い成績を収めることです。これは滞在国にいる間に最善を尽くしましょう。第二に、本番を見据えて小論文と面接に慣れることです。私は、この「第二のアプローチ」こそ大切だと考えます。ここで自信を持つことができれば、周りより合格に一歩近づけます。

代ゼミには、この「第二のアプローチ」から合格を目指せる環境が整っています。カリキュラムは無駄がなく充実していましたが、中でも、自分で選んだ問題で書いた小論文を添削してもらえる「自由課題小論文」と、チューターや担任の先生と行える「面接練習」には効果があったと実感しています。私の場合は、滞在国で統一試験に力を注ぐよう前述しておきながら、胸を張れる成績を持ち帰れませんでした。そのため、受験の1ヶ月前から毎日、自由課題小論文を提出するように心がけました。代ゼミには約20年分もの過去問が保管されているので、それらに取り組み、課題が見つかった場合は書き直して再提出しました。また、面接練習を繰り返すことで、自分の中で考えをまとめることができました。将来の夢や志望動機が明確でなくても、質問されて答えざるをえない状況に自分を追い込めば、自然と自分の中から答えが出てきます。

帰国生入試は何が起きるかわかりません。迷ったら出願しましょう。最後まで諦めずに頑張ってください。

努力と根性次第

  • [氏名] 岡部 栞奈
  • [滞在国(年数)] アメリカ(3年)
  • [学部] 経済学部
  • [他合格学校] 慶應義塾大学(商)

私が帰国生入試を経験して感じたことは、2つあります。

1つ目は、いかに情報を得ることができるかが重要だということです。私の身近な人には帰国生入試を経験した人がいなかったので何から手をつければいいか分かりませんでした。しかし、代ゼミの説明会や大学のHPなどを通して、必要な統一試験の点数、出願書類などの情報を得ることで、自分が何をすればいいのかを明確化できました。

2つ目は、多くの先輩たちも口を揃えて言っていますが、統一試験や学校の成績、課外活動など滞在先でしかできないことをきちんとしておくことが本当に大切だということです。特にTOEFL®は多くの大学の出願に必要となるので、できるだけ高得点をとっておくことが鍵になると思います。

統一試験の勉強法として、私は代ゼミの協力塾に通っていました。そこでは英語の基礎を徹底することを方針としているため、じっくり時間をかけて短い英文を精読し、1日100個の英単語を覚えていました。そして、忘れないように繰り返し復習し、英語の基礎である文法を徹底させました。これはSAT®にもTOEFL®にも共通して役立ちました。私は12年生になってから本格的に統一試験の勉強を始めたのですが、安心して帰国するにはもう少し点数が欲しかったなと感じたので、私のように滞在年数が少ない人は特に、早めに対策を始めたほうがいいと思います。

しかし、いくら統一試験の点数が高くても受験には不安がつきものだと思います。私も受験が近づくにつれて不安は増すばかりでした。そんな私が不安を軽減して受験に挑むことができたのは、代ゼミの先生方のサポート、チューターさんからのアドバイス、そして共に戦い励まし合った仲間たちのおかげです。この受験は私一人ではできませんでした。今まで本当にありがとうございました。

なんとかなる!

  • [氏名] 葛西 志保
  • [滞在国(年数)] ベトナム・フィリピン(15年)
  • [学部] 医学部 医学科
  • [他合格学校] 東京医科歯科大学(医-医学科)、筑波大学(医-医学科)、広島大学(医-医学科)ほか

私はIBを取っていたので、帰国前はIB最終試験でできるだけ力を発揮できるようにIBの勉強をしていました。しかし、私は代ゼミに通って日本の理系の勉強量の多さに苦労したため、余裕があれば日本の勉強に少しでも手をつけておくと、帰国後の負担を減らすことができると思います。例えば、生物であれば少しずつ参考書を読み、少しずつ知っている単元や用語を増やすことで、「あっ!この単元ならわかる!」という状態が作れると良いと思います。他にも、数学の入試問題に挑む前にスラスラ解ける必要がある基礎問題に取り組めたら楽になると思います。また、受けたい大学をある程度考え、前年度の募集要項でよいのでいつ頃どの大学の出願、試験、結果発表があるかを調べておくことで、最終的にどの大学を受けるか決める際に役に立つと同時に、準備が間に合わない…などという状況も避けられます。

代ゼミの良いところは受験生への万全なサポート体制だと思います。代ゼミに来て本当に良かったと思うのは、少人数制であるからこそ素敵な仲間に出会えたことです。また、担任の先生やチューターさんに勉強の悩みを打ち明けたり、自分から頼っていけば色々となんとかしてくださいます。受験において不安要素を少しでも減らせると自信にもつながるので、このサポート制度をどんどん活用すると良いと思います。しかし、同時に受験は長期戦であり、ずっと気を張っていては気持ちがもたないので、授業はしっかり出て、お昼の時間はみんなと息抜きしたりなど、自分にとって最適なペースを見つけて受験勉強に取り組むのが大切です。大学受験は人生に一度だけなので、リラックスして後悔のないように自分なりに頑張るのが良いと思います!

志望校合格のために

  • [氏名] 窪田 梨那
  • [滞在国(年数)] アメリカ(7年)
  • [学部] 法学部 政治学科
  • [他合格学校] 慶應義塾大学(経済、総合政策) 早稲田大学(法、文、文化構想、社会科学)

帰国生入試は滞在国での過ごし方や準備が大事です。中でも帰国前にしておくといいことは、自分が大学で何を学びたいのかを明確にしておくことだと思います。何を学ぶためにその学部に入りたいのかは、志望理由書や面接で必要になります。そしてそれに繋がる活動を現地でしていると、自分のアピールポイントとして自信を持って試験に臨めます。私はボランティア活動をやっていたので、その活動を通して学んだことなどを志望理由に繋げました。もちろん現地校での勉強や統一試験なども大事です。学校での成績や統一試験のスコアが良ければ良いほど書類審査に対する不安は減ります。帰国前に統一試験を受け終えていると、帰国後は勉強に集中できるので、早い段階で統一試験を受けることがお勧めです。

帰国後は、私は漢字が苦手だったので毎日代ゼミでもらった漢字の教材を使って勉強していました。入試でよく使う漢字が凝縮された教材だったので、短い期間でおおよその漢字が書けるようになりました。また代ゼミには豊富な過去問があるので、自分が受ける学部の小論文や現代文などの過去問を使って何度も練習しました。練習で書いた小論文を添削して評価してもらうことで、合格レベルに達するには何が足りていないのかが分かり、それに取り組むことが出来ます。

代ゼミをお勧めするポイントは、先生方や周りの帰国生との距離が近いことです。職員室はいつでも入りやすい雰囲気で、質問などが気軽に出来ます。担任の先生は志望理由書の添削や提出書類の確認、面接練習などを何度も手伝ってくれます。周りの生徒とは同じ帰国生同士すぐに仲良くなることができ、入試に対する不安などを相談したり励まし合いながら受験を乗り切ることができました。皆さんもぜひ代ゼミで頑張ってください。

帰国前の準備を怠らない!

  • [氏名] 小林 凜
  • [滞在国(年数)] アメリカ(3年)
  • [学部] 商学部
  • [他合格学校] 慶應義塾大学(文) 早稲田大学(法、文、国際教養)

帰国生入試で大切なのは、帰国前に十分な準備をしておくことです。

まず、TOEFL®やSAT®等の統一試験の点数を上げることが重要です。点数によって受験できるかどうか決まってしまう大学もあります。また受験生のレベルは年によって変わるので、目安の点数で満足せず出来るだけ高い点数を取れると良いと思います。非英語圏に住んでいる方はTOEFL®などの点数を上げるのが大変だと思いますが、帰国生である以上英語は出来て当たり前だと思われてしまいます。負けずに頑張ってください。

次は、滞在国で過ごす中で気づいたことや感じたことを書き留めておくことです。例えばその国の文化や社会問題、日本との違いなどに注意を払っていると小論文や面接の際に役立ちます。国際感覚を持った視点はアピールポイントになります。

また、多くの大学は志望理由書の提出があります。そこでは、将来何をしたいか、そのために大学で何を勉強したいかなどを書きます。そのため、帰国前から自分の将来について考えておくと良いでしょう。その上で、自分のやりたいことに関わる活動などをしておけば、より強い志望理由にできる上、面接の際にも芯の通った回答ができます。

ここまで出来れば、後は代ゼミが受験まで正しく導いてくれます。まず担任の先生が提出物の確認から志望理由書の作成まで、親身に手伝ってくれます。授業では小論文や国語を一から学べます。私自身、帰国前は国語や小論文の対策は一切行っていませんでしたが、代ゼミで勉強して早慶レベルまで上げることができました。充実した過去問や、チューターさんとの面接練習も活用して志望校の対策をしましょう。

代ゼミは先生やチューターさんとの距離が近く、生徒もみな仲が良いため毎日楽しんで通えるところが魅力です。みなさんも代ゼミで勉強し合格を勝ち取ってください。

代ゼミで培えた対応力!

  • [氏名] 吉田 道
  • [滞在国(年数)] インドネシア(8年)
  • [学部] 総合政策学部
  • [他合格学校] 上智大学(文-哲) 学習院大学(文-心理)

代ゼミでは志望校選びから出願準備、面接対策や筆記試験の対策など、帰国生入試の全てを丁寧にサポートしてくれます。特に、面接対策と筆記試験の対策は充実していました。

帰国生入試の多くは統一試験のスコアと学校の成績、当日の筆記試験と面接によって選考されます。統一試験の対策は始めるのが早ければ早いほど有利です。私はTOEFL®の対策をするのがかなり遅く、納得のいくスコアにすることが出来ず、選択肢を狭めてしまったと後悔しています。

低いスコアでも志望校に合格することが出来たのは、代ゼミで筆記試験と面接の対策をしっかり出来たからです。代ゼミの授業では小論文の書き方や現代文の解き方を一から教えてもらうことができ、日本語に不安を抱えていた私でも小論文を書けるようになりました。また色々な大学の何年分もの過去問が揃っているので、志望校の過去問を沢山解くことができます。そのため、志望校の筆記試験の問題の傾向を自分なりに分析し、自分に合った対策方法を練ることができました。面接ではその大学・学部を志望する理由を聞かれることがほとんどです。自分の志望理由について、本当にこの大学のこの学部でないといけないのかを考えることは、自分を見つめ直すきっかけにもなりました。自分の夢が何かを明確にし、そのために必要なもの(資格や海外経験)を志望校と志望学部にうまく繋げましょう。そして、面接練習では実際に志望校に通っているチューターさんに当日の面接試験で聞かれそうな質問を沢山してもらい、どんな方向から質問をされてもちゃんと答えられるようにしました。

このように代ゼミで念入りに対策を行ったお陰で、面接と小論文が想定外のものであっても、機転を利かせ無事合格を掴み取ることができました。ありがとうございました!

帰国前の備えが大切

  • [氏名] 久保 栄太
  • [滞在国(年数)] アメリカ(4年)
  • [学部] 経済学部
  • [他合格学校] 慶應義塾大学(商) 早稲田大学(法、文化構想、社会科学)

帰国生入試は帰国前から始まっているといっても過言ではありません。TOEFL®、SAT®等の統一試験の点数を上げることはもちろんとして、今回はそれ以外で特に大切な2点について書きたいと思います。

第一に、海外でしかできない経験を積むことです。帰国生入試では、統一試験の点数に加えて、志望理由書や面接、さらには小論文が重要な審査対象となってきます。その際、滞在国での経験があると、それらを「ネタ」として志望理由書における他の帰国生との差別化や、小論文におけるより強い論拠の提示に生かすことができます。海外滞在時は統一試験の点数ばかりを意識しがちですが、こうした「ネタ」の確保も怠らないでおいてください。

第二に、日本語力の維持です。折角海外で貴重な体験をして、そこから優れた知見を得たとしても、それを正しく「伝える」ことが出来なければ、入試において皆さんの能力は適正に評価されないでしょう。したがって、皆さんには漢字の読み書きや読書等を通じて、日本語表現に困らないだけの語彙力と文章構成力を身につけて欲しいと思います。

上述したような帰国前準備は、あくまでも入試への「ベース」に過ぎません。代々木ゼミナールには、これらをアカデミックなレベルに昇華させるための完璧なサポート体制が整っています。アットホームな雰囲気の国際教育センターでは、帰国生入試の過去問が豊富にあるだけでなく、実際に入試を経験したチューターさんと相談を重ねながら、納得のいくまで面接練習を行うことが出来ます。また、小論文等の試験科目で質問がある際は、徒歩すぐのタワー校舎の「教材研究センター」でいつでも丁寧な指導を受けることも出来ます。皆さんも是非代々木ゼミナールに入学し、第一志望校への切符を掴んでいただきたいと思います。応援しています!

君にしかないもの

  • [氏名] 佐藤 陽羽
  • [滞在国(年数)] アメリカ(6 年)
  • [学部] 看護医療学部

入試には熱意と個性が大事です。ここでは、受験の時にしておくべきことや心構えを紹介します。

まず帰国前は自分の志望学部に関係のある高校の授業や課外活動、資格の取得など、日本では体験できないことをたくさんしておくことをおすすめします。自分のやりたいことを決め、熱意をもって取り組みましょう。

次に帰国してからの勉強ですが、小論文をたくさん書きましょう。はじめは評価が良くなくても、書いていくうちにきっと良くなります。面接は自分の言葉で話しましょう。その場で聞かれた質問に堂々とこたえ、自分らしさを出すのが一番です。自分にしかない個性を十分に発揮できれば、必ず面接官に伝わります。また、勉強のノルマを決め、毎日継続しましょう。たまに息抜きも必要ですが、毎日の努力が試験場で力になります。結果が出ず落ち込む日もあるかもしれませんが、その大学とは縁がなかったと気持ちを切り替えて次の受験に挑みましょう。

最後に、“大変”と思っているときは実はそんなに努力していないということを頭に入れておいてください。努力をしているときは集中していて疲れず、全て終わったあとで努力したということに気がつくものです。努力を恐れないでください。絶対に結果につながります。統一試験のスコアや高校の成績も確かに必要ですが、熱意と個性は時にそれよりも大事です。私は成績もTOEFL®もそこまで高くありませんでしたが、やる気は誰にも負けない自信がありました。代ゼミでは授業以外に書いた小論文を添削してもらうことができ、どこを直せばいいのかしっかりとポイントを教えてもらえます。先生たちも親身になって手伝ってくれますし、チューターさんもアドバイスをくれます。それをしっかり活用すれば必ず学力は伸びます。

帰りたい場所、それが代ゼミ。

  • [氏名] 前川 杏実
  • [滞在国(年数)] アメリカ(4年)
  • [学部] 総合政策学部
  • [他合格学校] 早稲田大学(国際教養)

合格発表の朝、私は代ゼミに向かうバスの中で結果をみて、誰よりも先に一緒に頑張ってきた友達に電話をかけました。彼女は自分の受験をその後に控えていたにもかかわらず、一緒になって泣いてくれました。いつも80点で満足してしまう私に、「これは、100点だ」と言った母もたぶん、泣いていたのだと思います。

夜遅くまでその友達と勉強したこと、どうせ落ちるからと自暴自棄なってしまったことなどが思い出されました。それでも背中を押してくれた代ゼミの先生方、あなたを尊敬していますと応援メッセージを送ってくれた後輩、大学で待っているよと応援してくれた先輩。「だめならだめでそれでいい、全力でやりなさい」と優しく見守ってくれた家族。みんなに助けられて、この合格があるのだと思います。

試験当日、試験が終わった多くの受験生は会場でその後遊びに行く計画をたてていました。でも、代ゼミ生はみんな迷わず代ゼミに戻ってきました。試験が終わってほっとしたみんなが遊びに行くより先に行きたいと思えた場所、それが代ゼミでした。愚痴を聞いてくれる先生がいて、自然と帰りたいという気持ちにさせられる代ゼミだから、みんなで一緒に頑張れました。

受験合格の秘訣は、人や環境に恵まれるかどうか。自分の努力だけではどうにも行かなくなった時、気持ちが折れてしまいそうな時、背中を押してくれるいい先生に巡り会えるか、いい仲間や先輩に出会えるか。そういう出会いが受験生を合格へ導くのだと思います。私はそういう仲間や先生方に、代ゼミでたくさん出会うことが出来ました。あとに続く皆さんに、大きな桜が咲きますように!

百戦百勝

  • [氏名] 岡田 大河
  • [滞在国(年数)] アメリカ(8年)
  • [学部] 法学部 政治学科
  • [他合格学校] 慶應義塾大学(総合政策)、早稲田大学(政治経済-国際政治経済)、上智大学(法-国際関係法)

受験は戦いです。そして帰国生受験、特に文系の受験は、独自性の競い合いだと私は感じました。ここでは私なりの、受験で百戦百勝する極意をお教えします。

戦いには準備が大事です。特に、2つのアドバイスがあります。単刀直入に言うと、TOEFL®とSAT®のスコアがかなり大事です。これによって、受験できる大学が決まってくるため、滞在国にいる間は何度もトライして自己最高点を狙っていきましょう。

次に大事なのが、帰国生の武器である独自性です。小論文にしろ、面接にしろ、自身の知識や経験の引き出しが多い方が圧倒的に有利です。滞在国の日常に浸りながら、周囲をよく観察し、日本と比較していくことが大切です。また、私は陸上、新聞部、ロボティクスなど自分の興味のあることには積極的に参加しました。充実した毎日を送り、様々な体験にチャレンジしていくことで、自身の長所や学びたいことがはっきりしてくるでしょう。

帰国後は代ゼミで、本番に向けて勉強します。代ゼミの素晴らしいところは、家族のような環境です。私が代ゼミで一番好きなところは仲間です。クサい青春映画のようですが、これは本当です。一緒に頑張れる仲間がいたことで、勉強も苦にならず、むしろ楽しいと感じられました。仲間と競争し、意見交換をしていくことは独自性を培うことにもつながります。次に、代ゼミの「親身の指導」もとても助けになります。悪い言い方ですが、先生、チューター、そして、担任を存分に使ってください!アクティブに授業を受け、出願を入念に手伝ってもらい、積極的に面接練習を行ったことで、スムーズに受験できました。

私は、仲間と共に学び、また、先生方に導いてもらい、自分の独自性を磨き、百戦百勝することができました。皆さんも合格を勝ち取ってください。健闘を祈ります。

地道な努力を大切に

  • [氏名] 織田 百合花
  • [滞在国(年数)] メキシコ(2年)
  • [学部] 法学部 法律学科
  • [他合格学校] 上智大学(法-法律)、国際基督教大学(教養)

帰国生入試では日々の積み重ねが合否を左右します。受験に向けて具体的に何をすべきか、自分の経験を踏まえて紹介したいと思います。まず、滞在国ですべきことは大きく2つあります。

1つ目はⅠBなどの統一試験や英語能力試験の点数を上げることです。これらは、書類審査のうちで重要な判断材料となるからです。私は滞在年数が2年と短く、特にTOEFL®の点数を上げるのには苦労しました。しかし、目標を設定し日頃から対策をしていたので、最終的には自分なりに納得のいく結果を残せたと思っています。

2つ目は普段から、滞在国で見聞する様々な事象に対して自分なりに考える癖をつけることです。帰国生入試では小論文や面接を通して、帰国生が滞在国で何を学び、それに対して何を考えたかが問われるからです。具体的に、私は滞在国であるメキシコの文化に触れ、日本の文化との相違点を見つけ出し、それに対する自分の意見をノートにまとめるようにしていました。

以上2つのことを滞在国で取り組んだ上で、帰国後は集中して小論文や面接などの対策を行うようにしてください。小論文は、とにかく書いたものは必ず添削してもらい、見直すようにしましょう。試行錯誤を繰り返しながらも書く練習を続けることで、より良い内容の小論文を書けるようになります。面接で重要なのは、何を聞かれても自信を持って答えられるようにすることです。単に聞かれそうなことを暗記するようなやり方では、対応しきれません。自信を持てるまで、たくさん練習をしてください。

最後まで諦めない!という強い気持ちをもってコツコツと受験対策を進めれば、きっと合格を手に入れることができます。頑張ってください。

帰国前から早めの準備を!

  • [氏名] 三宅 里佳
  • [滞在国(年数)] イギリス(3年)
  • [学部] 法学部 政治学科
  • [他合格学校] 慶應義塾大学(経済、総合政策)、早稲田大学(政治経済-国際政治経済、社会科学)

帰国生入試に挑むうえで、帰国前から早めの準備をすることが重要です。ここでは、その準備について私が特に大切だと思ったことを3つ紹介します。

1つ目は、学校の授業や統一試験の勉強に真剣に取り組むことです。帰国生入試では、滞在国での学業成績を重視する学校が少なくありません。良い成績を持ち帰ることができれば、受験校の選択の幅が広がると思います。また、できるだけTOEFL®の点数を伸ばすことも重要です。そうすれば、帰国後は志望校の受験科目の勉強に打ち込みやすいと思います。

2つ目は、日本語に触れることです。帰国生入試では、英語力だけでなく、現代文や小論文などを通して日本語の語彙力や表現力なども問われます。何も無理に難しい新書を読んだり、滞在国にいるうちから小論文の勉強に取り組んだりする必要はありません。文庫本や中高生向けの新書を読むだけでも十分に日本語力は身につくと思います。特におすすめなのは新聞です。新聞を読むことで、語彙力や表現力を高めるだけでなく、社会で話題になっている出来事について学んだり、自分と異なる意見や価値観を知ることができます。滞在国にいる間から、日々意識的に日本語に触れ、社会問題に関心を持つことは、小論文を書くための基礎になるでしょう。

3つ目は、充実した海外生活を送ることです。滞在国にいる間は、勉学に限らず積極的に課外活動やスポーツに取り組んでみてください。現地の人々との交流を通して滞在国と日本の文化や価値観の違いを学ぶことは、小論文や面接に必ず生きるはずです。

私もそうでしたが、受験に対して不安を抱いている人は多いと思います。しかし代ゼミには、信頼できる先生方やチューターさん、励ましあえる仲間がいます。自分を信じ、努力を惜しまず勉強し、志望校の合格を掴みましょう!

滞在国でしておくべきこと

  • [氏名] 大湊 咲子
  • [滞在国(年数)] スイス(3年)
  • [学部] 経済学部
  • [他合格学校] 慶應義塾大学(商)、早稲田大学(商)

帰国受験に臨む上で最も大切なのは、滞在国での過ごし方だと思います。滞在国によっては周りに帰国受験をする人が少なく、受験生としての自覚を持つのが難しいと感じる人もいるでしょう。それでも、なにがなんでも、統一試験の点数は上げておきましょう!受験できる大学が増えますし、結果にも大きな影響を及ぼします。

私は、SAT®に関しては、とにかく英単語を覚え、College Boardが出している問題を解いていました。語彙を増やすために単語帳などで勉強することも大切ですが、学校で聞いたわからない単語を調べる癖をつけることも重要です。学校で使うような単語は、絶対に覚えておくべき重要単語であることが多いからです。また、私は点数の取りにくい英語の勉強に気をとられ、数学の勉強を怠ってしまいました。数学の勉強にもきちんと取り組み、満点を取ることが高得点取得への近道だと思います。

また、滞在国にいるうちに考える癖をつけておくこともお勧めします。滞在国と日本を比較し、その違いが起きる理由などを考えるといいと思います。滞在国にいる今だからこそ気づける何かがあるかもしれません。そうした癖をつけることで、小論文や面接の対策をする際にも有利になるのではないでしょうか。

小論文の書き方などは代ゼミで学べばいいと思います。私も最初は低評価を連発しましたが、毎日小論文を書き、丁寧な添削をしてもらうことで、合格水準に達することができるようになりました。代ゼミには信頼できる人たちがたくさんいるので、代ゼミのカリキュラムに則ってしっかり対策をすれば帰国後のことは心配いらないと思います。だからこそ、受験生という意識が芽生えにくい帰国前の時期が勝負なのではないでしょうか。ぜひ、滞在国での時間を有意義に過ごしてください。応援しています!

大学合格への道

  • [氏名] 川上 美波
  • [滞在国(年数)] アメリカ(4年)
  • [学部] 経済学部
  • [他合格学校] 慶應義塾大学(商、文)、早稲田大学(文、文化構想、社会科学、教育-教育心理)、法政大学(文-心理)

帰国生入試は大学によって提出する書類、試験内容や試験日が違うので、帰国する前に大学について詳しく調べておくことが大学合格のための一つの鍵だと私は考えます。私は日本の大学に進学することを最初から考えていたので、日本帰国の2年前から志望校の受験に必要な書類について調べていました。その上で、統一試験やTOEFL®の目標点数を決め、勉強に励みました。しかし、私が日本に帰国し後悔したことは、アメリカでの課外活動に積極的に参加していなかったことです。滞在国で得た新たな視点や感性、活動は面接や小論文で自分のことをアピールする上で大きな強みになります。ですから、滞在国では課外活動やクラブに積極的に取り組み、日本と滞在国の違いなどどんなに小さいことでも後に小論文や面接に活用できる強みとして見つけてみてください!

次に、帰国後に大事なことは時間の使い方です。大学によって受験科目や小論文の傾向が変わるので、受験校全てに対応できるようにしなければいけません。そこで大切になるのは限られた時間の中で計画を立て、どれだけ効率よく勉強に励めるかです。私は小論文を書くのが苦手だったので、受験校ごとに過去5年分の小論文を書くことを目標にしていました。しかし始める時期が遅く、最後は焦ってばかりでした。そうなることのないように、時間に余裕を持って受験勉強を始めましょう。時間に余裕を持つことは心に余裕を作ることにも繋がるので、時間の使い方をよく考えて計画を立ててみてください!

代ゼミでは、先生や様々な大学に通うチューターさん方が出願書類について細かくアドバイスをくれたり、面接練習にも付き合ってくれたりと、準備万端の状態で受験に挑むための手助けをたくさんしてもらえます。ぜひそれらを有効に活用し、有意義な受験生活を送ってください!

帰国前からすでに受験が始まっている!!

  • [氏名] 張 旭然
  • [滞在国(年数)] 香港(3年)
  • [学部] 経済学部

帰国生入試は一般入試と異なり、競争がそこまで激しくないと思われがちですが、志望校に合格するためには必要な準備がたくさんあります。ここでは帰国前からすべきことをいくつか挙げます。

1つ目は、出願の際に大学に提出するための書類を早めに準備しよう!ということです。出願では、高校の成績表や卒業証明書がほぼ必ず必要とされます。またTOEFL®のスコアレポートなどが必要な場合もあります。そのため、帰国前できるだけ早めにこうした書類を揃えておくことをお勧めします。

2つ目は、高校の成績や統一試験でできるだけ高い評価を得よう!ということです。帰国生入試では、高校の成績や統一試験についての書類審査も受験の一部になっている場合があります。ですから、いい成績をとっておくと有利になります。また英語圏以外の地域に滞在していた方々へのアドバイスとしては、英語だけではなく、できるだけ滞在国の言語も勉強しておきましょう。面接の際にアピールすることができます。

3つ目は、普段から日本に関するニュースを見たり新聞を読もう!ということです。滞在国では日本に関するニュースはなかなか耳にはいらないと思いますが、帰国生入試では小論文の試験で時事問題が頻繁に出てきます。滞在国のニュースだけではなく、日本についてのニュースもインターネットなどで常にチェックしましょう。

ここまでで帰国前に準備することを3つ挙げましたが、もちろんこれらの準備だけで合格できるわけではありません。帰国生入試には小論文も面接も必要です。ですから、帰国後に代ゼミで小論文と面接を徹底的に勉強することをお勧めします。私も代ゼミで面接や小論文をたくさん練習しました。その結果第一志望校に合格することが出来たので、代ゼミに通ってよかったと思っています。

海外滞在が短い方たちへ

  • [氏名] 木村 佳乃子
  • [滞在国(年数)] アメリカ(2年)
  • [学部] 商学部
  • [他合格学校] 慶應義塾大学(総合政策)

海外での滞在年数があまり長くないことが事前にわかっている場合は、まずは基本的な語学力をできる限り向上させることが優先だと思います。私は2年間の滞在期間のうち1年目は統一試験の勉強は一切せず、日々の授業の勉強をメインに取り組みました。実際、統一試験のスコアも英語力そのものが伸びるまであまり良い結果は出なかったので、急がば回れだと捉えて語学力の向上に努めました。日常ではあまり使わない理科や社会の分野の用語なども、授業で扱うたびに暗記をして忘れないようにしました。そうすればTOEF®やSAT®の専門性の高いボキャブラリーにもある程度対応できるようになります。また、授業で読んだ本に出てきた知らない単語を全部調べて覚える、などの地味で果てしない作業も後々かなり助けになりました。時間が限られている以上、日々ひたすらに何かを積み上げることが大切です。

一方で、日本の教育を受けた期間が海外での滞在期間よりも長いのであれば、小論文などに関してはあまり心配する必要はないと思います。代ゼミの授業で小論文の勉強法や書き方、要約の仕方など、基本的なことを一から学ぶことができるからです。私も、レベルの高い講師の先生方の授業のおかげでスムーズに小論文の要領を掴むことができ、日本語の感覚をすぐに取り戻せました。また出願の手助けや受験校についての相談なども、担任の先生が親身になって行ってくれるので、滞在国にいる間は現地でしかできないことに集中するべきです。

生徒同士の距離がとても近い代ゼミでなら、境遇が似た、気の合う仲間と受験期を乗り切ることができると思います。みなさんもぜひ代ゼミで合格を勝ちとってください。

帰国生入試のための準備

  • [氏名] 大谷 琢朗
  • [滞在国(年数)] アメリカ(11年)
  • [学部] 環境情報学部

代ゼミで学ぶ毎日はとても充実していて、あっという間に時間が過ぎていました。そのあっという間のうちに、やらなければならないことが山ほどあります。少しでも受験生活を楽にするには、帰国前の準備が大切だと思います。ここでは私が感じた、滞在国でしておくべき重要な前準備を2つ紹介します。

まずは、滞在国で必要な出願書類を準備しておくことです。帰国生入試では提出する書類がたくさんあります。帰国後では書類を一から集めるのには時間がなく焦ってしまうので、帰国前に準備を済ましておくといいでしょう。大学によっては所定用紙の使用が求められる場合や、学校長のサインが必要な場合もあるので、時間に余裕を持って高校が夏休みに入ってしまう前に用意しておくことをお勧めします。

次に、帰国生入試では、海外で過ごし、人とは違う経験や視点を持っている生徒を求めているということを頭に入れておくことです。ですから、出願や小論文、面接などの際にそうした滞在国での経験を思い起こし、自分の強みとなるアピールポイントを考える必要があります。私はボランティアや部活などのアクティビティに積極的に参加していました。そのため、そこから自分が得たことや成長した部分などを大学側にアピールすることが出来ました。

代ゼミでは受験生のサポートを全力で行ってくれる先生やチューターが大勢いらっしゃいます。志望理由書などの作成の手助けや面接の練習など、いつでもサポートしてくれるのでとても頼りになります。常に誰かと共に頑張っているという心の支えもあり、勉強に励むことができました。

皆さんも、受験勉強頑張ってください。応援しています。

日本に来てからでも間に合う

  • [氏名] マラン 黎
  • [滞在国(年数)] アメリカ(18年)
  • [学部] 環境情報学部
  • [他合格学校] 法政大学(デザイン工)

人生で一度も日本に住んだことがない私は日本語に自信がありませんでした。今でも英語の方が自信があります。住んでいたアメリカでは英語ばかりの生活を送って来ました。現地校ではもちろん、家でも、友達と一緒にいるときも、ほとんど英語でした。唯一、毎週土曜日に日本語補習校に11年間通っていました。そのおかげで少しは日本語力が維持できましたが、週一回のペースでは日本語を学ぶにも限界がありました。6月にアメリカの高校を卒業し、その後日本に来て毎日日本語を使うようになってから、ようやく本格的に日本語が上達しました。つまり、滞在国にいるときに日本語に不安があっても、日本に来て毎日日本語を使わなければならない状況になれば自然と日本語も伸びますので、心配しすぎる必要はないということです。もちろん日本の大学入試では日本語力がなければ合格できません。滞在国で日本語力を維持する努力をすることも大切です。しかしこれほど日本語ができない私でも大学に合格することができたので、今から受験する皆さんは必要以上に心配しなくても良いと思います。

これから受験する皆さんは滞在国で過ごした経験や知識を活用して受験に向かってください。皆さんは一般生がしたことのない経験をたくさんしていると思います。それが帰国生のアドバンテージです。日本に帰国し受験を始めるときになると、「海外滞在中にこれをしておけばよかった」と後悔することもあるかもしれません。しかし「海外に滞在してこんなことを知ることができた、こんな力がついた」というふうにポジティブに自分の海外生活を見つめ直すことで、滞在国のメリット、デメリット、日本との違い、というのは自然とみつかると思います。自分の海外経験を存分に生かし、自信を持って受験してください。Good Luck!

You reap what you sow

  • [氏名] 大森 英史
  • [滞在国(年数)] 香港(18年)
  • [学部] 商学部

香港で生まれ育った私は、日本での生活が一切なかったため、日本語をうまく話すことができなかった。学校での成績も目立つほど良くはなかった。しかし兄が代ゼミで帰国生として大学受験をする姿を見て、頑張ろうと決めた。それからはIBやTOEFL®のスコアを上げるなどの様々な対策と努力を続けて帰国した。

しかし、受験本番では様々な思いもよらないことが起こる。何か月も前に送付したTOEF®の結果が大学に届かず、受験することすらできなかった。さらに、別の大学では一緒に受験をした4人の友人の中で自分だけが合格を得られず、さすがに精神的に参ってしまった。しかし、家族や代ゼミの友達や先生、チューターさんが支えてくれ、元気を取り戻すことができた。自分から立ち直らないと何も始まらないと考え、次の受験に向かって気持ちを切り替えることで吹っ切れた。この「気持ちの切り替え」こそが、受験生にとっては最も重要だ。

次に大事なのが「なげやりにならないこと」だ。受験中はやることが多く、ストレスも溜まる。思うような結果が得られないこともある。しかしいくら困難を経験しても、なげやりにならないことが大切だ。心が折れて遊びに逃げたくなることもあるかもしれないが、遊ぶときは遊び、勉強するときは存分に勉強する、という区別をしっかりとすることが大切だ。たとえどれだけ遊びたくても、決して受験生だということを忘れず強い気持ちを持っていなければならない。

最後に、自分の努力は決して無駄にはならないと信じることも大切である。日々重ねてやってきたことは、絶対に結果を出す。「ちりも積もれば山となる」、小事をおろそかにしてはならないという戒め。受験も、まさしくそのことわざのとおりである。

滞在国での準備

  • [氏名] 長田 哲平
  • [滞在国(年数)] イギリス(5年)
  • [学部] 環境情報学部
  • [他合格学校] 筑波大学(人間-心理)、上智大学(総合人間科学-心理)

私が帰国受験を経験して重要だと感じたことは、滞在国での準備です。私は英国滞在中、国際バカロレア(IB)の勉強や大学の書類の準備等できる限りのことをして、日本に帰国したつもりでした。しかし実際には準備不足でした。そこで滞在国でしておくと良いことを紹介します。

1つ目は高校生活で得た経験を元に、自分が大学にアピールできる点を考えておくことです。私は英国のインターナショナルスクールでIBを取得しましたが、IBプログラムを通して自分は何を得たか等をメモしておくと良いと思いました。例えば、筑波大学のIB入試ではTOKのレポート、CASの概要、そしてExtended essayの要約を出願書類として提出します。つまり、高校在学中からしっかりと勉強をし、レポート等を書き上げておく必要があるということです。そして面接で質問された際にはTOKやCASなどから学んだこと、得たことをはっきり具体的に答えられるようにしなければなりません。また、IB入試に限らず他の入試でも、IBプログラムでの経験は自己アピールとして使えます。そのため、高校で作成したエッセイやレポートのファイルを持ち帰り、受験前までにしっかりと目を通しておくべきです。

2つ目は成績証明書などの書類準備です。帰国受験では大学ごとに提出書類が異なります。また日本に帰国した後に追加の書類が必要になるということもありえます。私は書類を余分に準備していたため、その点は非常に助かりました。書類不足で大学を受験できないと、当然合格の可能性は0です。それを回避するためにも、各書類を10部ずつは用意することをおすすめします。

代ゼミでは先生方やチューターさんが提出書類から面接対策まで、すべての面で丁寧にサポートしてくれます。皆さんもそのサポートを有効に活用して、受験を頑張ってください。

代ゼミ生活があってこその受験。

  • [氏名] 坂本 拓海
  • [滞在国(年数)] ベルギー(4年)
  • [学部] 総合政策学部
  • [他合格学校] 横浜国立大学(経済-経済)、岡山大学(法)、上智大学(法-法律)

この夏代ゼミに入学して本当に良かったと思えるのは、受験の成功に加えて、新たな友達、素晴らしい先生方、スタッフの方々、チューターさんとの出会いがあったからです。

授業以外の代ゼミでの生活は僕にとって、いい意味で予想外でした。帰国生だからこそ感じる感情やジレンマを話したりと、お互いを理解しやすいからこそいい友人関係なども芽生え、受験に向けてより切磋琢磨することもできました。また、スタッフの方々や多くのチューターさんに感謝しきれないほどお世話になりました。受験に関する相談はもちろん、色々な不安や他愛もないことなど様々な相談にも乗ってもらいました。志望理由書を書く上でも何度も納得のいくまで添削してくださいました。これから代ゼミに通うみなさんも、スタッフの方を信頼して一緒に一つひとつ不安を打ち消しながら受験に臨んでください。

代ゼミでの生活はあなた方にとってもきっと楽しいものになると思います。しかし楽しいだけではいけません。受験生として、合格を勝ち取らなければなりません。そのためにまずは、帰国生としての特権を生かせるようにしましょう。「滞在国での経験」を日本へと確実に持ち帰り、その経験を通して学んだこと等を志望理由書や面接でアピールすることが志望校合格の秘訣です。また、さまざまなチューターさんと何度も面接練習を行ったり、自分が興味のある分野を絞って、その知識を少しでも蓄えたりすることで、小論文や面接にも生かせます。さらに代ゼミの授業では個性的な講師陣のもと、帰国生用の英語や小論文対策を短期間で集中的に行うことができ、また受験で役に立つ知識などもたくさん得ることができます。

こうした代ゼミのよいところを目一杯生かしながら、受験勉強に励み、志望校合格を掴み取ってください。

海外での過ごし方が大事です。

  • [氏名] 中村 有沙
  • [滞在国(年数)] アメリカ(3年)
  • [学部] 法学部 政治学科
  • [他合格学校] 慶應義塾大学(商)、早稲田大学(法、社会科学、国際教養)

帰国受験で良い結果を得るためには滞在国での過ごし方がとても重要です。そこで帰国前にするべきことを3つ挙げたいと思います。

1つ目は統一試験の点数をできる限り上げることです。私は海外滞在期間が3年と短く、SAT®とTOEFL®で高得点を取るためにとても苦労しました。しかし帰国直前に自分なりに納得いく点数が取れたため、帰国後には精神的な余裕をもって小論文や面接対策を進めていくことができました。統一試験の点数が高ければ高いほど、受験大学の選択肢が増え、余裕をもって受験に臨めるようになります。

2つ目はボランティアや課外活動に積極的に参加することです。それらの経験を志望理由書や小論文に書くことで、内容に独自性や説得力を持たせることができるようになります。また、自分が力を入れて行っていた体験を書くことで、自己アピールにもつながります。

3つ目は日ごろから社会で問題になっていることに興味を持ち、それらについて自ら情報を取り入れておくことです。小論文の書き方は基礎の基礎から代ゼミで学ぶことができます。しかし、小論文はあくまで自分の考えを文章で表現するためのものなので、いくら表現方法が身についても自分の考えがなくては元も子もありません。帰国生入試の小論文のテーマは主に現代社会についてであるため、私たちが今どのような世界に生きているのか、という問いをグローバルな視点から考えておくことはとても大切です。

みなさんも海外にいる時間を充実させて、ぜひ悔いのない受験にしてください。

目標は高く

  • [氏名] 布施 友恵
  • [滞在国(年数)] カナダ(3年)
  • [学部] 経済学部

私はTOEFL®も統一試験の点数も高くはなく、一次試験さえ通過できるかギリギリで帰国当初は不安でいっぱいでした。もちろん統一試験などで高得点を取れば有利ですし、心に余裕も生まれます。しかし私のように点数に自信がなければ違う部分でアピールすればいいのです。例えば、大学で主体的に何を学びたいかを明確にした志望理由書を書き、勉強と英語以外にも課外活動等を通してどれだけのことを滞在国で吸収できたかを上手く大学側へアピールできれば大学はそれを評価してくれます。統一試験の結果が多少悪くても、志望校を諦めることなく挑戦して欲しいと思います。

そして、学科試験対策は特に小論文に力をいれました。代ゼミに通うまで小論文や現代文が大の苦手だった私は、代ゼミの授業を受けて小論文を毎日書くことが苦に感じなくなりました。初日の授業に書いた小論文の評価は一番下の『D』評価でしたが、2か月もすれば常に合格基準の『B』評価をもらえるまでに成長しました。書くことの楽しさ、日々の上達が目に見える楽しさを教えてくれる先生方が沢山いたおかげです。

これから受験を控えているみなさんには、受験する大学・学部の過去問題やそれに関連した小論文、頻出問題などを毎日解いて添削してもらうことをお勧めします。そうすることで、思考力や表現力の上達に限らず、知識の引き出しも無限大に増え、様々な系統の問題に対応できるようになります。小論文や面接練習は帰国してからでも間に合いますので、帰国後に余裕をもって勉強に集中するためにも、大学調査や必要な書類集めなど、現地でできることは早めに取り掛かりましょう。

最後に、代ゼミで学んだ知識やスキルは、単に受験を乗り切るためだけのものではなく、今後の大学生活や社会の中で必ず役立つものであると、私は確信を持って言えます。

知らなかった。では通じない!

  • [氏名] 森下 真吏奈
  • [滞在国(年数)] インドネシア(2年)
  • [学部] 総合政策学部
  • [他合格学校] 早稲田大学(教育-教育-生涯教育、社会科学、人間科学-人間情報科学)

滞在国での経験は十人十色です。ですから、滞在国で学ぶ価値観や活動は、アイデンティティの一つとしてあなたに新たな価値を加えます。帰国生入試では、面接で海外生活について尋ねられることが多くあります。また出願書類に滞在国での活動について書くこともあります。大学側は私たち帰国生に、国内の高校生にはないものの見方や感性を求めています。大学の先生方は、個性的な体験談やそこから学んだことを聞きながら、私たちの内面をしっかり見極めています。ですから、その国でしかできない社会活動やアクティビティに積極的に参加することが大切です。滞在国や自分の活動について熱く語れるような経験をたくさん重ねてください!

また高校の成績や統一試験の点数も大きな鍵となります。私は受験直前にそれを知り、それまで意識していなかったことを後悔しました。帰国生入試は、後で気づいた、では間に合わないことが多くあります。早いうちから、コツコツと入念に準備することが必要です。また統一試験の結果を取り寄せたり大学に直送したりするのには時間がかかります。早くから志望大学の書類の提出期限などをカレンダーにまとめ、何がいつ必要なのかを確認しておくことも大切です。出願書類が足りなければ、受験すらできないこともあります。後悔しないように、スケジュール管理、継続的なテスト勉強など早めの対策が重要だと思います。

代ゼミはアットホームでとても楽しかったです。さまざまな国からの帰国生との会話を通して刺激を受け、切磋琢磨できました。先生もとても協力的で一人ひとりの生徒をしっかりサポートしてくれます。受験本番は一人で受けるものですが、支えてくれる仲間や先生がいることで、代ゼミ一丸となって戦えました。代ゼミは私にとって最適の環境だったと思います。

海外滞在が長い人でも大丈夫

  • [氏名] 山本 梨佳
  • [滞在国(年数)] アメリカ(5年)
  • [学部] 経済学部
  • [他合格学校] 慶應義塾大学(法-法律)

私は代ゼミに通い始める前、海外滞在年数が通算17年ということもあり、自分の日本語力に自信がなく、特に小論文が書けるようになるのかとても不安でした。しかし、代ゼミに通ううちに、その悩みは徐々に消えていきました。まず、代ゼミでは小論文の書き方を基礎から丁寧にとても分かりやすく教えてくださいます。また、代ゼミの先生方は帰国生の日本語力がまちまちであることを理解し、生徒の日本語力に応じて学習の相談に乗ってくださったり、一人ひとりの小論文を丁寧に添削してくださいます。そのため、日本語の得意不得意に関係なく、代ゼミに通うことで自分の力を確実に伸ばすことが出来ます。

ただし、まだ海外にいるみなさんは、まず統一試験のスコアを上げることに集中するとよいです。良いスコアを取っていると、受けられる大学の幅が広がるだけでなく、日本に帰国後、精神的な余裕と自信を持って日本語の勉強に集中できると思います。また、海外にいる間は、積極的に課外活動にも取り組んでみてください。特に、自分の進みたい分野が決まっている人は、その分野に関連するクラブやボランティア活動を探すことをお勧めします。私は法学部志望で、将来社会的弱者のサポートに携わりたいと思っていたので、学校の障害を持つ生徒と交流するクラブで活動していました。こうした海外経験は、志望理由書や小論文、あるいは面接をたいへん説得力のあるものにするでしょう。

私はこうした海外経験をもとに、代ゼミの素晴らしいサポート体制や講師の下で勉強し、無事に志望校に合格することができました。代ゼミを選んで本当に良かったです!

資料請求・お問い合わせ

代々木ゼミナール国際教育センター
【東京本部校】
〒151-8559 東京都渋谷区代々木1-29-1
TEL:03-3379-5221(代表) 03-3379-6701(直通) /
FAX:03-3379-5773
E-mail:kikoku@yozemi.ac.jp

【大阪南校】
〒556-0016 大阪府大阪市浪速区元町1-2-3
TEL:06-6634-7111(代表) /
FAX:06-6634-5102