INFORMATIONご案内

トップページ > 合格実績/合格の声 > 帰国生合格体験記 > 大阪大学

帰国生合格体験記大阪大学

感謝の気持ちで一杯です!

  • [氏名] 臼井 未央
  • [滞在国(年数)] アメリカ(3年)
  • [学部] 外国語学部 外国語学科 スペイン語専攻
  • [他合格学校] 筑波大学(人文・文化-比較文化) 神戸市外国語大学(外国語-英米) 大阪市立大学(文) 関西学院大学(社会)

私にとって大阪大学は、高校在学時からの憧れの大学です。合格発表の時は様々な感情が去来して胸がいっぱいになりました。講師、スタッフ、チューターの方々、加えて自信が持てなかった私を信じて励まし続けてくれた友人、生活面や金銭面でサポートをしてくれた両親には、感謝してもしきれないほどです。

受験を控えている後輩の皆さんは、高校生活を充実させると共に、TOEFL®等の統一試験を受けてスコアを伸ばすことをおすすめします。海外在住中は日本の大学の入試情報をあまり入手できず不安に思うことがあるかもしれません。しかし、皆さんが海外で得た経験は唯一無二でかけがえのないものです。大学はそういう経験をしてきた人材を必要としています。また、統一試験のスコアは皆さんが海外で積極的に勉強したことを大学に示すものです。それらがなくても通用する大学はありますが、提出すれば非常に有利になり、皆さんの受験の幅が広がります。帰国後に魅力的な大学を見つけたのに、統一試験のスコアを持っていないから受験できないという事態を防ぐためにも統一試験は受けておくべきだと思います。

受験期間中は少なからず不安になってストレスがたまります。だから勉強の合間には適度に休憩を取り、メリハリのある時間を過ごすことが重要です。代ゼミの国際教育センターで学ぶ友人たちは、同じような経験を持ち寄った人ばかりで、一緒にいると楽しくて抱えている不安や悩みを軽減してくれます。講師の方々は常にわかり易く丁寧に指導してくださいますし、チューターの方々の面接指導も的確です。事務室には帰国生入試に関する情報が豊富にありますので、何でも相談しやすい環境です。困った時は、代ゼミを最大限に利用してください。皆さんが本当に行きたい大学に合格できることを願っています!

自信を持って2月を迎えるために

  • [氏名] 嶋田 開
  • [滞在国(年数)] アメリカ・バミューダ(4年)
  • [学部] 工学部 応用理工学科
  • [他合格学校] 北海道大学(工-機械知能工) 東北大学(工-機械知能・航空工) 慶應義塾大学(環境情報) 上智大学(理工-機能創造理工)

理系の帰国生に求められているのは、高いレベルの英語力と一般生にも負けない数学、理科の基礎学力、そして私達に固有の海外体験です。

国公立大学では、一定以上の英語力がないと合格は難しいと思います。しかし、帰国後は数学と理科にほとんどの時間を割くことになります。そこで、滞在国では出来るだけ英語力に磨きをかけてください。TOEFL®の得点アップは合格に直結します!

帰国後は数学と理科をメインに学びます。先生方は基礎から丁寧に教えてくれるので、心配する必要はないです。毎回の授業を可能な限り理解することが重要となります。映像授業のフレックスサテラインで1学期の理科を受講する時は、後回しにしないことをお勧めします。特に物理は2学期の対面授業で1学期の知識を使うので、少しずつでもよいので受講していきましょう!夏から秋にかけて基礎を固めることで冬には応用力を養うことができるので、焦らず一つずつ演習を重ねてください。また、疑問や質問があれば必ず先生に聞きに行ってください。教材研究センターの先生、対面授業で習っている先生、チューターさんが親身に教えてくれます。代ゼミは頑張る生徒には全力で応えてくれます。

最後に、滞在国での体験も重要です。帰国受験ではほぼ必ず面接試験があります。自分の経験や将来の夢を学びたいことにうまく繋げることができれば、説得力のある志望理由になります。自分のやりたいことを明確にし、滞在国では様々なことにチャレンジしてください。面接官はとても興味を持って聞いてくれます。

いろいろ書きましたが、私も実際はここに書いたことの7割くらいしかできませんでした。達成できなくても落ち込まないで大丈夫です。自分が頑張ってやってきたことに自信を持って試験に臨んでください。

合格の秘訣は代ゼミのサポート~!

  • [氏名] 美濃部 治美
  • [滞在国(年数)] アメリカ(13年)
  • [学部] 基礎工学部 システム科学科
  • [他合格学校] 北海道大学(工-機械知能工) 東北大学(工-材料科学総合) 大阪府立大学(工-機械系) など

私は代ゼミに入る前は、受験は書類をきちんと集め、統一試験を受けていれば何とかなると思っていましたが、実際は想像以上に大変なものでした。特に理系は科目が多く、早い時期に試験がある私立大には十分な勉強ができないまま臨んでしまいました。そのため私は早慶に合格できず、秋の国公立大受験まで不安な状況が続きました。しかし、それでも勉強を続け、授業に出て、質問を積極的にしていたところ、理系科目の学力が少しずつ上がっていきました。代ゼミのよいところは、受験校それぞれに合わせた準備ができることです。何年もの過去問が揃っているだけでなく、センター試験の勉強や過去問の質問にも対応してくれます。そして、多くの受験を乗り越え、少しずつ難しい問題に挑戦していったことが合格に繋がったのだと思います。

代ゼミでは授業のほかにも多くのサポートがあります。例えば、帰国前はどんな質問でもメールで対応してくれましたし、帰国後は出願書類について助けてくれました。先生方やチューターさんが志望理由を入念にチェックしてくれたおかげで、面接で簡潔に言えるようになりました。

帰国受験で注意すべきことは、受けたい大学一つひとつの募集要項を帰国前によく読むことだと思います。出願書類は大学によって違うので、書類を多く準備しておけば、あとから受験校を増やすこともでき、安心して受験に臨むことができます。統一試験や現地校の成績が良くても、受験で成功するとは限りません。受験は数をこなし、流れを理解し、経験を積み重ねることが必要なのだと感じました。代ゼミではクラスメイトだけでなく、先生方やチューターさん、講師の方々が一丸となって応援してくれました。

何とかなります!

  • [氏名] 杉本 裕明
  • [滞在国(年数)] 中国(12年)
  • [学部] 基礎工学部 システム科学科
  • [他合格学校] 筑波大学(理工-工学システム)、東京農工大学(工-機械システム工)、大阪府立大学(工-機械系)

僕は小学校から高校まで中国の現地校で学び、日本語の読み書きがほぼ出来ないレベルで4月に帰国しました。予定を2か月以上繰り上げての帰国でした。急な帰国に最初は不安だらけでしたが、早く帰国し代ゼミに通ったことが結果的に成功に繋がったと思います。

帰国当初、日本語が未熟なせいで理系の授業でも理解できない部分が沢山ありました。しかし先生方は質問する度に丁寧にわかり易く説明してくださり、また時に励ましてくださいました。そのおかげで、授業がわかるようになりどんどん楽しくなりました。特に物理と化学の授業はとても興味を惹かれる内容で素晴らしく、実際の入試でも「これ授業で聞いたぞ!」ということがあり、とても幸運に試験を乗り切れました。

理系の勉強以上に頭の痛かったのが日本語の部分でした。しかし小学生並みの読み書きも出来なかった僕が、代ゼミで志望動機の書き方や小論文、面接を丁寧に指導していただき練習を積んだ結果、ギリギリ何とかなりました。ただ僕の文章はまだ稚拙で、そのために失敗した受験もあったので、皆さんには普段から日本語の文章を読んで、書く練習をすることで志望校合格を勝ち取ってほしいです。

帰国生入試の利点は海外で学んだ知識を生かせること、得意科目に絞って国公立大を受験出来ることです。それらを最大限に生かして成功するために、代ゼミの帰国生コースは不可欠です。同じ目標を持つ帰国生の仲間とお互い助け合うことも出来るし、チューターさんのアドバイスや励ましも力になります。担任の先生もまるで親の様に皆の面倒を見てくださいます。そのおかげで、僕も10か月間諦めずに頑張れました。

これから受験される皆さん、代ゼミで何とかなることを信じて頑張ってください!

私立のリズム、国公立のリズムをつかむ。

  • [氏名] 下村 隆之助
  • [滞在国(年数)] アメリカ(5年)
  • [学部] 外国語学部 外国語学科 英語専攻
  • [他合格学校] 九州大学(文)、関西学院大学(文-文学言語-英米文学英語学)、早稲田大学(教育-英語英文)

私立から国公立までの帰国生入試を一通り受けた上で私が感じたことは、一言で帰国生入試と言っても、私立と国公立では全く違う系統の設問が用意されているということです。まず私立ですが、特に私が受験した関西学院大学などにおいては、英語では内容一致記号問題の他、英語の問題に英語で答える能力が問われていました。また現代文では、本文からの抜き出し問題や記号問題が多く出題されていた印象です。しかし、国公立では打って変わって、高度な和訳能力、英訳能力が必要になってきます。現代文では記述問題の割合が非常に大きくなってきます。このような違いを理解して受験勉強をすすめていくことが、合格へ繋がるのだと思います。私立には私立の勉強の仕方が、国公立には国公立の勉強の仕方があると思います。それらを把握しながら、自分のリズムを見つけ出していきましょう。

ここからは、私立受験が終わって国公立受験を迷っている方へアドバイスしたいと思います。私はもともと、私立に一つでも受かれば受験を終了して、入学時期までは家族のいるアメリカに行っていようかと考えていました。しかし、結論から言うと、私立受験だけで終わってしまうのはもったいないと思います。私立受験がうまくいった人も、思うような結果が出なかった人も、先ほど言ったように国公立にあわせた勉強を開始すれば挽回可能です。私は私立受験が終わった後、大阪大学の英語、現代文、小論文をそれぞれ10年分ずつと、加えて九州大学の小論文にも取り組みました。そうした対策が功を奏し、第一志望だった大阪大学に合格できました。後になって国公立にも挑戦すればよかったと後悔することがないように、このアドバイスをもとに考えてみてください。

限界なんて存在しない

  • [氏名] 後藤 美希
  • [滞在国(年数)] アメリカ(13年)
  • [学部] 医学部 保健学科 看護学専攻
  • [他合格学校] 福井県立大学(生物資源)

帰国生入試において、統一試験や学校の成績、TOEFL®のスコアはもちろん重要です。しかし提出書類よりも当日の筆記試験を重視する大学もあります。私が合格した大阪大学がよい例だと思います。そのような大学の対策のために大切なことをいくつか紹介したいと思います。

まず、代ゼミの授業はすべてにきちんと出席することです。理系の場合は学ばなければならない科目数が多く、本当に大変です。特に帰国直後の夏期は数学や理科の全範囲を学習するため、朝から夜まで勉強に取り組みました。また、予習と復習にも力を入れました。そうすることにより、より深く授業の内容を理解することができました。

2つ目は、時間を計りながら過去問を解き、先生に添削をお願いすることです。代ゼミでは大阪大学を受験する生徒で「チーム阪大」を組み、少人数で先生方に過去問の解説、添削等の指導をしてもらいました。このように代ゼミでさまざまなサポートをしていただき、万全な対策をしたため、難関である大阪大学の医学部保健学科看護学専攻に合格することができたと私は考えています。

最後に、自分に自信を持つことです。第一志望校の受験日が近づけば近づくほど、不安が増すのは仕方がないことです。私のこの不安を解消してくれたのは日々の勉強と先生方の応援メッセージでした。代ゼミの先生方はみなさん親身になって指導してくださいます。ある先生は試験前日の3月11日、私を励ますためにわざわざ代ゼミに来てくださいました。その励ましのお陰で私は自信を持って試験を受けることができました。先生には心から感謝しています。

受験生の皆様、悔いが残らないよう頑張ってください。

資料請求・お問い合わせ

代々木ゼミナール国際教育センター
【東京本部校】
〒151-8559 東京都渋谷区代々木1-29-1
TEL:03-3379-5221(代表) 03-3379-6701(直通) /
FAX:03-3379-5773
E-mail:kikoku@yozemi.ac.jp

【大阪南校】
〒556-0016 大阪府大阪市浪速区元町1-2-3
TEL:06-6634-7111(代表) /
FAX:06-6634-5102